現状維持は嫌い。もっと素敵な未来を、つくりたいから。 総合職/執行役員 小中部本部長 藤田和広 2002年入社

PEOPLE 社員紹介

EDUCATION 教育者としての私

新サービスのヒットの秘密は、講師時代のスタンスにあり。

興味を持っていたのは、教育業界とアパレル業界。教育は、アパレル以上に、経済的にも政治的にも世の中を変えていくことができるのではないか。アカデミーに入社を決めた大きな理由になりました。講師からスタートして、3年目で校舎責任者に。今は小中部本部を統括する立場になりました。しかし、新人時代は同期の中でいちばん授業が下手な新人でした。まさか数年後にこんな仕事をすることになるなんて思ってもみませんでした。でも、振り返って思うことは、講師も事業開発も大事なことは、共通しているということ。私たちの仕事の本質は教えるという行為そのものではなく、お悩み解決業だ。そう思ってずっとやってきました。

たとえば、最近のヒットである小学校6年の英語コース。1年続けると95%の子どもが、中学の最初の通知表で4か5を取ることができたのです。スタートラインで成功して自信をつける。そうすることで他の教科の勉強も弾むようになるというメカニズムがヒットの秘密。この新サービスは、子どもやお母さんが何に悩んでいるのか。一人ひとりをきちんと見つめる目線があって生まれたアイデア。教育者としての心構えも武器になる。大きな自信になりました。

BUSINESS ビジネスの視点から

まだどこにもない新しいサービスをつくりたい。

教育業界は日々変化しています。教育改革やICTなど、様々な新しい波が押し寄せる中で、今のビジネスモデルが10年後も続くとは思えません。いかに時流にフィットする他にない商品をつくるか。それが私の仕事です。新しい形の進学塾のモデルに可能性があると睨んでいます。たとえば、2015年3月にスタートしたトレジャーランドという新業態。知力を鍛えるだけの塾から、知・徳・体を兼ね備えた塾へ。ボルダリングスペースも完備した新しいタイプの塾です。

既に成果も出ています。ここで勉強のやり方講座を開催したところ、勉強時間が100時間増えた子がいたり、お母様方から喜びの声が届いたりと、大好評なのです。体と頭を使って目標達成の喜びを味わうためのトレジャーランドクオリアとして、2号店、3号店と展開していく予定です。新しいものをつくる。もっと生み出す。そのためには、情報のアンテナが重要です。他業界の動きを見ていると、自分の発想はなんて小さいんだと痛感させられることも多い。成し遂げたい未来は、こんなもんじゃない。誰も見たことのない素晴らしいサービス、魅力的な事業をつくりたい。いや、絶対つくれるはず。本気でそう思っています。

1 Day Schedule
ほかの先輩社員を見る