世界にどれだけあるだろう。受験の先の人生のことも、本気で考えて教える塾。 総合職/県北ブロック エリアマネージャー 成瀬 道隆 2006年入社

PEOPLE 社員紹介

EDUCATION 教育者としての私

自分自身をも変化させ、成長させる。教育者として大事なことだと思う

民間企業で教育に携わりたいと思ったのは、教育実習の時。学生の身分ながら、改善や変革のスピードが遅さやモチベーションの個人差を実感。もっとスピーディーに、もっと大胆にチャレンジさせてくれる民間企業を探しました。入社したのは「一過性のゴールだけではなく、子どもたちが成功者になれるように指導したい」という考え方を持つアカデミー。子どもの受験の先の成功・成長をも追いかける会社であるのだから、運営側である私たちもそうあるべき。この事実を、私はある失敗をきっかけに突きつけられることになりました。

以前、自分の下についた新卒メンバーが、1年で辞めてしまったのです。原因は自分の指導方法。ミッションや理念といった上位概念との関連性を語らずに、方法論ばかりで指導してしまっていたのです。本当に未熟だったと後悔しています。私はいま、3校舎を統括する立場にいます。方法論を押し付けるのではなく、会社のミッションとリンクするマネジメントへ。あの時の反省を踏まえて実践しています。もちろんまだまだ未熟なことはたくさんある。やりたいことも山程ある。栃木県の教育レベルを上げたい。栃木から東大生100人出したい。私の挑戦は、まだまだこれからが勝負です。

BUSINESS ビジネスの視点から

ここまでやってもらえる会社は他にあるだろうかと驚いた研修内容。

現在、1校舎の校長をやりながら、エリアマネージャーとしてプラス2校舎を見る立場にいます。私が校長をしている校舎は、社内No.1の利益をあげています。しかしながら、私の手柄なのかというとそうではありません。悔しいですが、アカデミーの積み上げてきた実績、社長の手腕によるところが大きいというのが実態。これからはもっとマーケティングの視点、戦略的な視点を磨いていきたいと考えています。ちなみに、そのための環境は会社がしっかり用意してくれています。

月1回の幹部候補生合宿。これは、当社が経営コンサルの会社に依頼して実施されているもので、部門経営、組織運営の基本、マーケティングなどを学ぶことができます。ここまでやってもらえる会社は他にあるだろうかと思えるほどの充実。なにに取り組むにしても突き抜けるのがアカデミーの強さだと思います。生徒の成績を上げる、合格させるというマインドがすごい。そのための熱意、努力がすごい。だから、講師の研修の回数もすごい。授業研修は年50回。公開模擬授業や、教師の模擬授業コンテストもある。社員同士でも切磋琢磨できる環境です。会社の向上につながることならなんでもチャレンジする。私自身も会社の成長に負けてなんかいられない。今はエリアマネージャーですが、これからはどんなエリアに行っても成果が出せるマネージャーになりたい。そして、未来を切り拓く人、「クオリィアな人」になりたい。そう心に決めて毎日チャレンジしています。

1 Day Schedule
ほかの先輩社員を見る