19October

【2020年10月19日の言葉】「どんなに暗い夜でも明けない夜はない。」 高橋久子

  • Share

【2020年10月19日の言葉】

 

 

 

 

 

※ 過去の言葉はこちらをクリック!

 

 

 

 

 

 

「どんなに暗い夜でも明けない夜はない。」

高橋久子(裁判官)

 

 

【解説】

自分にとって困難が一定期間、ずっと続く時期もあります。しかし、「明けない夜はありません」。正しい道を歩み、半年もすれば、きっと好転します。問題は永遠に夜が明けないと思ってしまうことです。三重苦のヘレン・ケラーも「希望は人を成功に導く信仰である。希望がなければ何事も成就しない」と言いました。「どんな暗い夜も明けるんだ」と信じ、あと一歩、頑張ってまいりましょう。

 

※ 河内宏之著「勇気が10倍湧いてくる言葉」PHP研究所刊 80ページより